ブログトップ

NUU レコーディング日記

nuunuunuu.exblog.jp

アルバム全曲紹介!

5月28日にリリースされたNUUの新しいアルバム『つんつん つるんぶ つるんぶ つるん』!もう聞いて頂けましたか〜?!

このブログでは、アルバムのレコーディング風景やインタビューを記録スタッフがちょこっとお届けしております♪

***

最終回は、NUUによるアルバム全曲ひとこと紹介です!

※NUU本人の発言は「」内になります。

ー アルバム全体について

「まず、沢山の人が参加してくれて、こんな才能を集結させることができたことが嬉しかった。皆さんが惜しげもなく素晴らしい才能を貸してくださる。そこにすごい喜びを感じました。
恵まれてました。

そしてすごく面白かったのは、みんなで話し合えたこと。

もし、詩を自分が書いていれば、その内容や気持ちって、他の方に伝える一方なんですけど、今回は私も参加してくださるミュージシャンも誰も詩を書いていないし、書いた方はいらっしゃらないし、内容はわからない。だから、お互いの解釈を出し合って、”これって、こういうことなんじゃない?”と意見を出し合うのがすごく面白かった。

自分が詩を読んで、その解釈を人に説明するというのも初めてで。ある意味「詩の鑑賞会」なわけですよ。みんなで詩を鑑賞して、意見を交換して、それをもとに、別の作品もみんなで新しく作る…という発表会みたいな感じで。このアルバム作りって小さな文化祭みたいでした」


ー河童と蛙

「こないだ、ふと、偶然に想い出したんですけど。
ぺんぺん草ってありますよね。葉っぱの部分をちょこっと茎からひっぱって、くるくる回すとぱらぱらって音がでるやつ。そのペンペン草をくるくる回しているイメージを持ちながら、教室の壇上に上がって朗読しているのを、突然思い出したんですよ。

 実は、去年の5月にこの詩と再会して、あらためて読んでみて「こんな詩だったっけ?」というのが感想だったんです。内容は全然記憶になくて。”つんつん つるんぶ…”というところだけしか印象がなくて。ペンペン草を回しているイメージを持ちながら朗読していたという方が、はっきりと思い出せたくらいで。だから、この曲を唄うときは、3年生の頃の自分を思い出す…、というよりは、今の自分の気持ちで向き合う事ができました。
 あと…、こうやって人に小3年の時の記憶を話せば話すほど、そのイメージが遠のくんですよね。小さく、遠くに言ってしまう。忘れてゆく感じが不思議です…。

 (パーカッションの)渡辺亮さん、面白かった。妖怪のこととか普通にしゃべってるし。ああいう方が”なんかこの曲やりたくなってきちゃった”って言ってくれたのが、誇り高いっていうか、ありがたいなあって思いました」

 
ー 秋の夜の会話

「やっぱり谷川賢作さんは既存の詩に曲をつける、ということに対してすごいんだな、と改めて思いました。職人芸だった。

レコーディング日記の中で”NUUのことをイメージしながら書きました”みたいなことがありましたよね。あれを読んで、ああ、ありがたいなあ、と思って。ありがたい、ばっかりですけど」


ー百姓といふ言葉

「最初は、この詩には自分で曲をつけたくて、ずっと考えてたんですよね。でも出てこなくて。「楽しい」曲にするか「静かな」方向でいくか…。どっちにシフトしていっていいかわからなくなっちゃって。

 それで夏秋さんに頼んで出来上がってきたのが、空気感として私がイメージしていた”静か”と”楽しい”がまざった曲になっていたので、嬉しかったです。でもメロディーが覚えられなくって大変だった(笑)。

 あと、レコーディングの時に、この曲に出てくる野菜の名前。いくつかわからないものがあったんだけど、後日、夏秋さんの奥さんがあそこに書いてある野菜、全部知っていた、と聞いて。驚きました」


ー こどく

「ずっと、Choro Clubの世界の中で唄うのが夢だったので、すごい嬉しかった。厳密には、コントラバスの沢田さんが、いらっしゃらないので、Choro Clubでは無いですが。自分の歌をショーロクラブにやってもらうんじゃなくて、ショーロクラブの世界の中で唄わせて頂くっていうのが。Choro Clubのライブを見に行くと、いつも気持ち良くて。自
分があの演奏の中で唄っているイメージがわいてくるんですよ。うわーって!
それが叶ったので。すごい気持ちいいのができた。
たった3行の、あれだけの言葉なのに、ギターとバンドリンだけであれだけの情感がでて。なんていうんだろう。もともとは”詩”だし、言葉があるのに、まるでインストみたいな。
この曲があることで、CD全体に奥行きとか、高さとか、深さとかがぶわっと加わる感じがしますね。

ー 第八月満月の夜の満潮時の歓喜の歌

面白かった!笹子さんが面白い人だなあ、と思って(笑)。
作曲するとき、NUUのことを考えなかったって言ってましたもんね。

これは、コーラス隊で参加してくれた人達の能力の高さに驚いた。そしてその中に妊婦が二人いたのも驚いた。しかも、その妊婦二人が仲良しになってた。すてきだったな。

最初は笹子さんと話してて、予算的にもミュージシャンを14人呼ぶわけにもいかないし、友達とかでもいいよね、と言っていたんですが、曲が出来上がってきてみたら、やっぱり音感がある人じゃないと…となって(笑)。で、その話をしていた時にちょうど谷川賢作さんもいらっしゃって「じゃあ、僕集めるよ」って言ってくださって。それなら私も…、と思ってミュージシャンのお友達に声をかけたら、集まってくれて。みんな楽しかった〜、って言って帰ってくれて、嬉しかったです」

ー デンシンバシラのうた

「これは初めて文学館に行ったときに、この詩が壁に飾ってあるのが目に飛びこんできて、すごい感動したんです。そしてこの詩が載っている詩集を買って帰ったんですよ。アルバムを作るなら、これは絶対に唄いたいと思ってて。でも、思えば思う程メロディーが思いつかなくて。難産だった…。夜とかすごいあがいて…。これで明日できなかったら、もうだめだ、みたいな時に曲ができたんです。

 机の前で考えてても何も出てこなくて、ある夜、家に帰っている途中に、何気なく夜道にデンシンバシラが立っているのを見て、”そうか!心平さんは、人間じゃなくてこれに頼れっていってるんだ!”というのがわかって。字を見て考えていたのとは違って、目の前にデンシンバシラがあって…。手もない、指もないデンシンバシラに抱かれるって、どんな感じなんだろう…、と、その時初めて向き合えたんですよね。その瞬間がすごいリアルでしたね」

ー 婆さん蛙ミミミの挨拶

「これも文学館で見て、出会ってすっごい感動して。
文学館の中に、心平さん直筆の原稿が並んでいるコーナーがあって、そこでこの原稿を見て。ありがとう、という言葉がすっごいかわいくて。
これも絶対アルバムに入れたい、と思いました」

ー 鰻と蛙

「最初に、草野心平さんの生家でライブをしたときに選んだ曲。
選んだ理由は字面を読んでて、面白いな、と思って。
(自分の声を重ねる)コーラス大変でした(笑)

夏秋さんの中には、音楽に対する絶妙なバランスがあるなあ、って改めて感じましたね。

あと、歌詞の中に「心配はいらない」という言葉が出てくるんだけど、その音階が面白くて。
人に対して「心配いらないよ!」って言う時、自分だったら絶対にこんなメロディーにしないもん。夏秋さんは、心配して落ち込んでる人とかに、ああいう感じで言うんだ〜、と思ったりしました」


などなど。NUUはアルバムについて、こんな風に語っていました。


また、別の日に

「アルバムに入っている歌詞カード、あれって、”詩集”なんですよね」

と、教えてくれた。

アルバム『つんつん つるんぶ つるんぶ つるん』のCDを開くと、中に歌詞カードというか、収録曲の詩が書かれたブックレットが入っている。

普通、CDの歌詞カードは、その”CD”があって、初めてその存在意義があるわけだけれど、今回のアルバムの場合は、”詩”が、すでに作品として成立しているので、歌詞カードではなく、ある意味”詩集”として見る事もできる。

NUUが編纂した、草野心平の詩集だ。


CDを買われた方は、音楽ももちろん聞いて頂きたいけれど、でも、このブックレットを静かに開いて、詩を楽しんで頂く時間があってもいいよね、とNUUは話していた。

まず、詩を自分で音読してみてから曲を楽しんでもらってもいいし、
曲を聴いてから、詩をじっくり鑑賞してもらってもいい。

そして、NUUとミュージシャン達がやったように、
お互いの解釈を話し合って、何か自分達なりの曲をつけてみてもいい。


このアルバムが、みなさんの手に渡って、
また新しい形で成長してゆくのも、
素敵だなあ、と思ってしまいました。

NUUのニューアルバム『つんつん つるんぶ つるんぶ つるん』
どうぞ、ながーく、楽しんでくださいね。

おしまい
by recdiary | 2008-06-18 18:33
<< 新曲の配信決定! 草野心平記念文学館ライブ その2 >>