ブログトップ

NUU レコーディング日記

nuunuunuu.exblog.jp

カバー曲『じゃあね』レコーディング

その2

2009年5月より、NUUの新しい唄がweb配信されることが決まりました!
 
 その録音現場にお邪魔した、記録係・代田橋郁子がレコーディングの様子をちょこっとお伝えしてゆこうと思います!

***

 2009年3月11日 レコーディングの最初は、
谷川俊太郎さんの詩を唄うカバー曲『じゃあね』。
 この曲を知るきっかけとなったのは谷川賢作さんのライブ。
その後、心に残った『じゃあね』をNUU自身のライブでカバーして唄うようになって少しずつ、大切な唄に育てていったそうです。
 この曲が今回の配信に選ばれた理由のひとつは、唄い方。
今回は「力強く唄い上げる」というよりも
「”とつとつ”と唄うことのできる」曲も録音したいな、
と思っていたNUUの気持ちにぴったりとあって、この曲が選ばれました。

 まずはオオニシユウスケさんのギターとNUUの唄から録音スタート。

d0122500_19582598.jpg


 確かに、いつものNUUの唄声よりも、やわらかく響く。その声によりそうような、やさしいギター。

 録音が終わってから、オオニシさんにNUUの伴奏をするって、どんな感じなのでしょうか、と聞いてみた。NUUとオオニシさんはずいぶんと長い間一緒にライブをやっている。どんな気持ちで、ライブやレコーディングに臨んでいるのか。歌手によりそうってどんなことなのか。

 すると、オオニシさんから
「NUUらしさに、よりそうことだと思うよ」
という言葉が出てきた。
NUUらしさってなんですか?ともう一度聞くと、

「それは、NUUが持っている”人間くささ”だ」と言った。

 一緒に活動をするっていうことは、
演奏の時間だけを共にするわけではない。
リハーサルも移動も食事も一緒だ。そんな中で、見えてくる人間らしさ。
素敵なところや面白いところ、真面目な部分や短所も含めてみせてくれる
その”人間くさい”感じに、寄り添いたいと思う。と教えてくれた。

 かっこいいときや、素敵な瞬間だけじゃなくて、
色んな時間を共有してゆくことで、
見えてくる世界というのが、ちゃんとある。
 その部分が揺らがなければ、曲調や雰囲気が違う唄でも、
一緒にやることが出来るという事なんだと思う。

 いつもは、冗談を言ったりして場をなごませてくれるオオニシさんの
中にある、NUUへの気持ちを少しだけ見せてもらうことができた。

つづく
by recdiary | 2009-03-30 20:12
<< 『じゃあね』 NUUの唄 新曲の配信決定! >>