ブログトップ

NUU レコーディング日記

nuunuunuu.exblog.jp

せんたくものは幸せの象徴だ レコーディング

その4

2009年5月20日から、NUUの新しい唄がweb配信されることが決まりました!
 
 その現場にお邪魔した、記録係・代田橋郁子がレコーディングの様子をちょこっとお伝えしてゆこうと思います!

***
 
 続いて、『せんたくものは幸せの象徴だ』の録音です。

 この曲は、今年2009年の1月、2月に行われた
「NUU ライブDVD『123456789,10周年ライブ!』発売記念ツアー2009
〜バンドで行くよ!〜」で初披露された曲。

 しかも、この曲、完成したのは、ツアーの初日1/25だったそうなんです。

 もちろん、ある程度の曲のガイドラインは出来ていたけれど、
歌詞が最終的に決まったのは、本当にギリギリだった、とか。
最後は風にゆれる洗濯物の表情を思い出して唄にのせていったそうです。
曲調も「最初は鼻唄みたいなイメージだったんだけど、
バンドの音に連れ出されるように、今の形になった」とのこと。
NUUさん自身もこの曲のパワーに手を引かれるように
出来上がっていった感じのようでした。

 そんなギリギリなんて、
その日にやるバンドメンバーは大変だったんじゃなの?と思ったのですが、
聞いてみると皆さんの反応は、わりと普通。
夏秋さんは「曲も唄もアレンジも目の前でどんどん出来上がってゆく。
まるで自分が唄を書いているみたいで面白かったよ」とさえ言っていた。
さすがプロ集団(プロの方に失礼ですが…)。
ライブでは、みんなが同時に走って作り上げた曲だからこその疾走感があり、
その感じは東京、大阪、名古屋と、回を重ねる毎に
盛り上がっていったようでした。

d0122500_1118094.jpg


 ドラムの中北裕子さんは「『せんたくものは幸せの象徴だ』
のメロディーが決まったのって、当日なんだっけ?
そうだったっけ?あんまり覚えてないや(笑)。覚えるのが大変とか、
そういうことじゃなくて、ライブは怒濤だったから。
ツアーが進む度に、曲がもっと良くなる感じだった」と教えてくれた。
NUUと中北裕子さんは、普段のライブでのサポートやレコーディングは
もちろん、NUU+UooMoo(夏秋文彦さんと中北裕子さんのユニット)
で一緒にライブツアーを行った事もある、お互いの魅力を知っている仲間。
できるかどうかの不安よりも、その日の、演奏の瞬間の集中力を
物語るような言葉を頂くことができました。

 そんなバンドサウンドのかっこよさをそのまま録音してしまおう!
というのが、今回のレコーディング。ドラムの中北裕子さん、
ベースのワタナベエスさんもスタジオに到着して、録音スタートです。

 みんなの勢いある演奏を聞いていて、こういう時ほど、
冷静なエンジニアさんの存在が大切になってくるんだな。
と感じました。唄も、それぞれの楽器も、勢いよく走ってゆく。
それをみんなと違う耳で客観的に聞いて、編み込んで、
なじませてゆく平野さん。
NUUの唄声を何度も録音したことがある平野さんだからできる、
ちょっとした魔法の微調整がありそうなきがしました。

つづく
by recdiary | 2009-04-13 11:20
<< 『せんたくものは幸せの象徴だ』... 『じゃあね』 NUUの唄 >>