ブログトップ

NUU レコーディング日記

nuunuunuu.exblog.jp

『せんたくものは幸せの象徴だ』のレコーディング 2

その5

2009年5月20日から、NUUの新しい唄がweb配信されることが決まりました!
 
 その現場にお邪魔した、記録係・代田橋郁子がレコーディングの様子をちょこっとお伝えしてゆこうと思います!

***

d0122500_22542147.jpg


 『せんたくものは幸せの象徴だ』のレコーディングは、
まずそれぞれの楽器をあわせて一度に録音しました。

 夏秋さんが書いた譜面をもとにそれぞれが、まず演奏をして、
曲の土台となるものができる。

そこから、それぞれのミュージシャンのアイディアが
どんどんわき上がってきた。

 これまでも、何度かNUUのレコーディングを見てきたけれど、
こんな風にみんなそれぞれが自由に
”こうしたらもっとよくなるんじゃない?”
というアイディアを出しているのを見るのは初めて。

これまでの曲はきっと、レコーディング以前に
もうかなり完成していたんだと思う。
この曲には「これからすごいものができあがってゆく」
ワクワク感が詰まっていて、その空気がスタジオ全体に立ちのぼっていました。

 ドラムは特に迫力満点。普段はパーカッションを叩いている
中北裕子さんがドラムセットを叩いている姿は圧巻で、かっこいい!!

 オオニシさんのギターは、この曲の持つ元気な感じを
どこかでゆったりさせるような、音を加えてゆく。

 そしてベース…、となった時、
なんとワタナベエスさんのベースの弦が切れた!!
 
 平野さんの臨機応変な対応で、すぐに復活したのですが
「レコーディングでベースの弦が切れたの、初めて…」
とワタナベエスさん、ちょっと反省のご様子でしたが、
最後には、しっかりと曲を支えてくれるベースが無事に録音されました。

 ワタナベエスさんは、昨年2008年の『NUU 123456789,10周年ライブ!
~デビュー10周年、うまれた日、全曲披露ライブ~』で
初めてNUUと一緒にライブを行い、
今年2009年のDVD発売記念ツアーが2回目。

 NUUとの共演はいかがですか、と聞いてみたところ、
「NUUさんていう人がいて、すごい人なんだよ、
と周りから聞いてはいたんだけど、ライブを一緒にやるまで
全然知らなくて。でも、実際に一緒にステージに立ってみたら、
小さな体なのにものすごい影響力がおっきくて、
その表現の広がりにびっくりした。
 僕は、そのNUUさんを見て曲を聞いて感じた感動を、
一旦体の中に取り込んで、それをベースを通して出してゆくのが仕事。
それをとにかくどんどんやっていく!っていう感じでした」
とおっしゃっていました。

レコーディングの途中には、中北裕子さんとちょっと踊ったり(?!)
と面白い一面も見せてくれたワタナベエスさん。
すっかりNUUさんメンバーの一員でした。

つづく
by recdiary | 2009-04-20 22:58
<< 『せんたくものは幸せの象徴だ』... せんたくものは幸せの象徴だ レ... >>