ブログトップ

NUU レコーディング日記

nuunuunuu.exblog.jp

『せんたくものは幸せの象徴だ』ケンハモ録音とNUU 唄入れ2

その9

2009年5月20日から、

NUUの新しい唄がweb配信されることが決まりました!

その現場にお邪魔した、

記録係・代田橋郁子がレコーディングの様子を

ちょこっとお伝えしてゆこうと思います!

***

3月24日、
前回レコーディングした『せんたくものは幸せの象徴だ』に

プラスする鍵盤ハーモニカと、

NUUの唄の最終的なレコーディングを行いました。

鍵盤ハーモニカの音色を、間奏と後奏にプラスする。

NUUに

「鍵ハモを入れようっていうアイディアは誰から?」

と聞くと、

「夏秋さんからです」

と答えてくれた。

実際に録音してみると、

やっぱり不思議と曲にふくよかさが加わる。

NUUは

「すごい!鍵盤ハーモニカの音で、

せんたくものがどんどん乾いていくよ〜!!」

と大喜びでした。

そして、唄入れ。

d0122500_0291398.jpg



結局その6でお伝えした唄を録音しなおすことに。

NUU自身からの提案です。

前日、藤野芸術の家で録音したピアノのイントロを

音源にあわせてから、スタートです。

最初、少しマイクの前で声を出して、ウォーミングアップ。

マイクの音の大きさ等をエンジニアの平野さんが調整する。

そしていざ、本番となったら、

平野さんが

「びっくりした!本番になったらいきなり声の大きさが

変わった。すんごい声出てるねえ〜」とひとこと。

この日のNUUも好調のよう。

3テイク録音して、色々意見を出し合う。

最初に唄ったやつは、ここがいい。

でも2番目のやつは、最後の部分のフェイクがかわいい…

など、1時間程の話し合いの結果、

NUUの唄い上げるかっこよさと、

はなうたっぽい力の抜けた部分が両方味わえるやつにしよう!

ということで、最終的な唄がきまる。

どんな唄声かは、ぜひ実際に聞いてみてくださいね〜。

5/20をお楽しみに!

 そして、コーラスを入れようか、どうしようか、

とまた少し悩むけれど、この曲は、話し合いの結果、

なし、に決定。

この決定を下すのにも、時間がかかりました。

色んな声の重ね方を試してみたり、

声を重ねる部分を工夫してみたり。

どれが正解、じゃないし、手探りで進めるなか、

今回のレコーディングで欲しい唄の雰囲気はコーラスじゃないね。

という結論に辿り着いた。

いつも、こういう作業の潔さが、

ミュージシャンのかっこいいところだ、と思います。

 色々頭で考えたり悩んだりするよりも、

実際に音を出して、重ねて、試してみる。

そしてイメージと合わなければ、

どんなに時間を使っていても、それは切り捨てる。

せっかくやったから全部使いたいな…とか、

もったいないとかではなくて、

より良いものを作るための時間をちゃんととること。

遠回りのようで、それが一番近道なのだと、

音楽をやる人達は知っているような気がします。

 そして、最後に、いくつかパターンが録音してあった

藤野での『貝と花』の唄をもう一度チェック。

どの唄い方を選ぶかを決めました。
 

これも、他の楽曲同様、色々検討して決定したのですが、

最後に夏秋さんが言った

「この唄い方のほうが”音”の向こう側にある世界が

表現出来ている気がする」という言葉が印象的でした。

言葉だけでなく、音だけでなく、

そのもっともっと向こうまでみんなを連れてゆく音。

なのかもしれません。


そんな感じで、全てのレコーディングは終了。

ちなみに!この日のお弁当〜♪

NUUの作ったポテトサラダ、ひじき、

ほうれんそうのゴマ和え、玄米おにぎり、フルーツトマト

夏秋さんの作ったひじきの餃子、パン、ハチミツ

でした!

美味しかった〜。

二人とも、音楽だけでなく、お料理の才能もアリです。

つづく
[PR]
by RECDIARY | 2009-05-18 00:31
<< 本日 5/20 配信開始! 共同プロデューサー 夏秋文彦さんの話 >>